検索エンジンにおけるWebサイトのインデックス数を増やすことが大切

検索エンジンにおけるWebサイトのインデックス数を増やすことが大切

インデックスとは、検索エンジンクローラーが、インターネット上の情報をデータベースに保存することです。インデックス数とは、そのインデックスされたページ数をあらわします。

Webページがインデックスされることで、ようやく検索結果画面に表示されるようになります。
例えば、あなたのWebサイトのページ数が10ページある場合、10ページすべてがインデックスされことが望ましいでしょう。

【インデックス数を増やすメリット】

■サイト内の被リンクが増加し、トップページの評価が増す。
■リンクを受けるページがたくさん存在することで、サイト全体の評価が上がる。
■各ページが別々のキーワードで検索にかかるため、アクセスアップする。

それでは、今あるページ数をすべてインデックさせるにはどうしたらよいでしょうか?

【ポイント】

■全てのページを、htmlで終わる静的なURLにする

静的なURLに比べ、プログラムで動的に生成されたページはインデックスされにくくなっています。以下が参考例です。

・静的URL:○○○.html、○○○.htm、○○○.php、○○○.cgi ・・・・ ○
・動的URL:○○○.cgi?_mode=entry001&user_id=10  ・・・・・・・・ ×

このように、動的URLと呼ばれるものには、パラメーターが付いており、インデックスされにくいのです。

サイト内にPHPやCGIプログラムにて制御するコンテンツを設置する際は、mod_rewrite(モッドリライト)といったURLを静的に変換する処理を行いましょう。

■サイトマップを作成する

サイト内の全てのページがインデックスされるために、サイトマップページを作成しましょう。
どんな優れた内容のページであっても、検索エンジンに認識され、インデックスされなければ意味がありません。
検索エンジンクローラーが巡回しやすよう、サイトマップ(リンク集)を設置することです。

■各検索エンジンのインデックス対策ツールに登録する

インデックス対策ツールにサイトの情報を登録すれば、検索エンジンクローラーの巡回が保障されます。

Googleウェブマスターツール

・Yahoo!サイトエクスプローラー ・・・・ 2010年11月にサービス提供終了


■定期的に更新し、ページを量産する

ページ数が多いということは、それだけホームページへの入口が増えます。
継続的に、定期的にページをサイトを更新することは、SEO対策のみならず、サイト全体の活性化につながります。更新が大変であるのならば、継続的にページの増産が行えるコンテンツをサイトに設置しましょう。

その他実践してみよう